上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーバリー 通販ショップ紹介 ブランドジュエリー京都


http://www.rakuten.ne.jp/gold/mishop/store/


まず感じた第一印象が「安い!!」ということ。


バーバリーが圧倒的に安い。


単にセール中の時期だったのだろうか。


しかし、目立ったセール中という表示は無い。


いつもこの値段なのだろうか。


財布で例を挙げよう。


バーバリーの財布が10,000円前後、長財布が12,000前後で手に入れることができる。中には、10,000円以下で買える


他の通販ショップでは、バーバリーの財布が40%OFFでも25,000円程度で売られていたりする。中には、30,000円を超えるものもあった。


一時的なものかもしれないが、見てみる価値はありそうだ。


一時的なもので無ければ、バーバリーの通販でもっとも優れたショップの一つに間違いない。


将来に期待が持てるショップといえる。
バーバリー 通販ショップ紹介 アイプライス


http://item.rakuten.co.jp/ip/c/0000000103/?p=1&type=all


バーバリーのグッズを全体的に取り扱っている。


特に、時計が多いだろうか。


全体的に数が多めなので、気に入る一品が見つかるかもしれない。


バーバリー以外のブランドも多く取り扱ってあり、全体的に見ても時計の割合は多めのようだ。
バーバリー 通販ショップ紹介 サントノーレ


http://www.rakuten.co.jp/santnore/


ご存知の方もいらっしゃるだろう、ブランド販売超有名店。


ブランド販売においては圧倒的な人気を誇る。


様々な賞を受賞している。また、45年以上の歴史を持つ。


通販だけでなく、実際に3店舗展開していて、私も一度足を運んだことがある。


人が多くて歩きづらかった。(サントノーレさんにとっては嬉しい叫びだろう)


ブランド通販ならここで買えばミスは少ないと思えるようなショップだ。


私もこのショップの通販を利用した事があるが、包装、配送面では問題は見当たらなかった。


残念なことは、バーバリーの取り扱いが少ないという点。バーバリー以外のブランドを買うのであれば申し分ないが、バーバリーだけが目的であれば、他店の方が優れている場合もある。
バーバリー 通販ショップ紹介 CAPRICE


http://www.rakuten.ne.jp/gold/lecaprice/


全体的に小物よりブランドの衣服が多い。


バーバリーブラックレーベルとブルーレーベルを専門的に取り扱っている。


財布等を取り扱わず、ブラックレーベルとブルーレーベルに特化したショップは珍しいかもしれない。


この記事を書いた時点のことだが、木村拓哉が着用したデザインのスーツが発売されていて、人気を博していたようだ。


財布やバッグではなく、バーバリーの衣服の購入が目的の方であれば、利用する価値は十分あるだろう。


他の取り扱っているブランドでメインなものとして、コムサ・デ・モードなど。
バーバリー 通販ショップ紹介 セカンド


http://www.rakuten.co.jp/second/1430051/


ブルーレーベルに特化している。ブルーレーベルの取り扱い数は圧倒的だ。


メンズは取り扱っていない様子。


だが、それを補い余る程のレディースが販売されている。


気に入るバーバリーブルーレーベルが見つかることだろう。
バーバリー ショップ紹介 ee-shopping


http://www.rakuten.ne.jp/gold/ee-shopping/brand/burberry.html


結構な人気を誇る通販ショップ。いくつかの賞も受賞している。


バーバリーも結構数がある。


バーバリーの財布、マフラーなどはもちろん、衣服、手袋まで取り扱ってある。


全体的に35%OFF程度は値引き済みだが、ちらほらとタイムセールで65%OFFなどのセールを行っている。


気に入った商品がタイムサービスの対象になっていたら、是非利用したい。


色々なイベント(ブランドの抽選、激安タイムセール、送料無料キャンペーン等)が行われるので、暇な時にでも覗いて見るとおもしろいかもしれない。
バーバリー 通販ショップ紹介 ブランドショップ デルフィーノ


http://www.rakuten.co.jp/delfino/654161/


バーバリーは大きく分けて財布、マフラー、バッグの3ジャンルを取り扱っている。


ショップの特徴といえば、2万円以上であれば送料、代引き手数料が無料となる点だろうか。


販売しているのは勿論ブランド品なので、商品を1つ購入するだけで送料、代引き無料になることも少なくないだろう。


他のブランドとしては、ブルガリなどに重点を置いているように見える。
バーバリーの公式HPについてご紹介。


Burberry
バーバリー公式HP。日本語の表記は残念ながら対応していない。


非常にクラシカルでいい雰囲気だ。


バーバリー ブルーレーベル
バーバリーブルーレーベル公式HP。


一見英語のサイトに思えるかもしれないが、日本語のサイトだ。


バーバリー ブラックレーベル
バーバリーブラックレーベル公式HP。


こちらもブルーレーベルと同じく日本語のサイト。


ニュースなどを調べることができる。
サイト案内


当サイトはバーバリー関係の、個人が運営するサイトです。無いようには心がけていますが、公式ではありませんので実際とは異なる記述やズレが生じている可能性があります。


当サイト、当サイトのリンク先ページを利用していかなる損害が生じても、当方は一切責任を負えません。


当サイトはリンクフリーです。


リンク先はTOPページが好ましいですが、基本的にどのページでも構いません。有益と思った箇所を利用してください。


相互リンクは現在行っておりません。


サイトに関してのご意見、ご感想、お問い合わせは以下のメールアドレスからお願いします。

info.otoiawase○gmail.com
※○を@に変えて送信してください。(迷惑メール防止のため)

このページの内容はいつでも変更できるものとします。


サイト管理者 斉藤空
以下は06年6月頃の記録だ。


バーバリーの06年通期(05年4月-06年3月)決算によると、最終益は前年と比べて5%減に留まったようだ。


日本円にして役223億だ。


しかし、新興市場の拡大という面では4%増と好調だった。


どうやら販売経費が増加したのと、イギリス市場の低迷が利益低下の原因のようだ。


地域ごとに見ると、香港や中国での小売拡大を始め、アジア地域での利益は前年比6%増となった。


もっとも大きな市場であるアメリカでは新規出店等が成功し、売り上げは10%以上の伸びを記録した。


しかし、イギリスやスペインの低迷が利益面全体の足を引っ張り、このような結果になったようだ。


ただし、春物の滑り出しは順調で、ロンドン証券取引は値上昇を記録した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。