FC2ブログ

 
  
大戦での大成功を収めたバーバリー。


大戦後からは次第に本格的な評価を得ていくようになる。


まず1919年にはジョージ五世からコート・ジャケット部門でロイヤルワラントを受け、その後にはエドワード8世からグレートコートデザインの承認を受ける。


なお、エドワード八世は使用人達にバーバリーを使用させていたようだ。


時を経て1950年にジョージ六世より防寒具としてロイヤルワラントを授かった。


このロイヤルワラントは55年に改めてエリザベス二世、さらに89年にチャールズ皇太子より与えられている。


さらにロイヤルワラントだけでなく有名な騎手と馬のマークも英国王室から与えられている。


次回へと続く。
スポンサーサイト