上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以下は06年12月頃の記録だ。


バーバリーはイギリスの工場を閉鎖し、中国へ工場を移転する方針を示した。


イギリス国内では様々な波紋が広がった。


工場閉鎖により、労働者300人が職を失う可能性があるという。


これを防ごうと、約100名の従業員が反対のデモを行った。


関心を寄せたのは従業員だけではない。


チャールズ皇太子も強い関心を寄せ「何とか止められないか」と関係閣僚に問い合わせたようだ。


ハリウッドスターのヨアン・グリフィズもイギリスで製造を続けるべきと抗議状をバーバリー幹部へ送っている。


これらに対するバーバリーの対応は、マドンナやベッカム夫妻の意見を聞いて考慮したいとのこと。


是非、イギリスでの製造を続けてもらいたいものだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。