上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近年英国本国でもバーバリーは大きな転換が行われた。


97年にサックス・フィフス・アベニュー社の社長ローズマリー・ブラヴォーがバーバリーの社長兼CEOに就任した。

ブランドイメージを新しくするとともに、デザインの統括を仕事とするクリエイティブ・ディレクターにブランド「ジル・サンダー」のロベルト・メニケッティを迎えた。


そしてミラノコレクションで現在発表されているバーバリー・プローサムをコレクションラインに追加。


伝統的な雰囲気にモダンとモードの要素を組み入れ、広告宣伝、商品を世界統一のものとした。


まさに新生バーバリーといえるものになった。


98年には英国で91年からスタートしている「トーマスバーバリー」が日本で展開。


ブランド名はバーバリー創業者の名前に由来する。


コンセプトは「バーバリーの新しい普段着」。


また、今までのようにバーバリーチェックがトレードマークではなく、「TBチェック」がトレードマークになった。


メンズ、レディース、キッズと揃い、家族でバーバリーを愛用することができる。


ショップは「ガーデニング」がコンセプト。トーマスバーバリーがの視点で選んだ生活雑貨も並び、リラックスできるライフスタイルを提案した。


現在全国十店舗で展開されている。
スポンサーサイト
98年に、女性をターゲットとしたブルーレーベルの姉妹ブランドとして男性向けのブランドにバーバリー・ブラックレーベルを開始。


ターゲットは25歳から35歳の男性。


さらに、2000年からは子供向けのバーバリーブランドとして「ベビー・トドラー」を展開した。


このように積極的な前進を続けているバーバリーだが、現在のデザイナーはクリストファー・ベイリー。


上質な基本要素にスポーティな要素をミックスするのが得意な人物だ。


彼は71年イギリス、ウエストヨークシャーで生まれ、ロイヤルカレッジオブアートでファッションを学んでいる。


バーバリーのデザインディレクターに就任する前には、ダナ・キャラン、グッチのレディス、シニアデザイナーをしていた。


クリストファー・ベイリーのデザインはミラノコレクションで発表されている。


現在バーバリーデザイン全体を行っている。
ブラックレーベルについて、まとめておこうと思う。


バーバリーブラックレーベルとは、25歳~35歳の男性をターゲットにしたバーバリーブランド。


三陽商会が開発している。


女性をターゲットにしたブルーレーベルとは姉妹ブランドにあたる。


ブルーレーベルの成功を受け、販売を開始。


取り扱っているジャンルはスーツ、カジュアルは勿論、バッグ、シューズなども発信しているので、様々なシーンに使うことができる。


なお、従来のバーバリーラインよりも、リーズナブルになっているものも多い。
バーバリーブルーレーベルについて、まとめておこうと思う。


ブルーレーベルのターゲットは18歳~25歳の女性。


コンセプトは大統領夫人だったジャクリーヌ・ケネディやセレブのオードリー・ヘプバーンが20歳だったら何を選ぶか、というもの。


伝統にモードを混ぜた、品のあるがどこかユニークなブランドになっている。


シルエットは細身のデザインになっている。若い女性からは絶大な支持を得て、ファンも多い。


過去、ブルーレーベルのミニスカートをアーティストの安室奈美恵がはいていたことにより大ブレイクしたことがある。


最近では深田恭子がブルーレーベルのスカートをはいていたことが話題になった。
バーバリー通販ショップ ChelseaGardensUK


http://www.rakuten.co.jp/chgardens/445157/
バーバリーのページへ


バーバリーの取り扱いがかなり優れている。


ショップ名にUKと付く点からわかるように、英国ブランドの取り扱いが多い。


全体的に40%OFFのものが多い。


取り扱っているバーバリーのジャンルはバッグ、財布、衣料、マフラーなど、ほとんど全てのジャンルをカバーしている。


もちろんレディースだけでなくメンズも充実している。


カスタマーからのレビューも多く寄せられており、なかなかの人気のようだ。


年末にはバーバリー10万円相当のバーバリー福袋を、3万円で販売していた。
バーバリー 通販ショップ紹介 ブランドジュエリー京都


http://www.rakuten.ne.jp/gold/mishop/store/


まず感じた第一印象が「安い!!」ということ。


バーバリーが圧倒的に安い。


単にセール中の時期だったのだろうか。


しかし、目立ったセール中という表示は無い。


いつもこの値段なのだろうか。


財布で例を挙げよう。


バーバリーの財布が10,000円前後、長財布が12,000前後で手に入れることができる。中には、10,000円以下で買える


他の通販ショップでは、バーバリーの財布が40%OFFでも25,000円程度で売られていたりする。中には、30,000円を超えるものもあった。


一時的なものかもしれないが、見てみる価値はありそうだ。


一時的なもので無ければ、バーバリーの通販でもっとも優れたショップの一つに間違いない。


将来に期待が持てるショップといえる。
バーバリー 通販ショップ紹介 アイプライス


http://item.rakuten.co.jp/ip/c/0000000103/?p=1&type=all


バーバリーのグッズを全体的に取り扱っている。


特に、時計が多いだろうか。


全体的に数が多めなので、気に入る一品が見つかるかもしれない。


バーバリー以外のブランドも多く取り扱ってあり、全体的に見ても時計の割合は多めのようだ。
バーバリー 通販ショップ紹介 サントノーレ


http://www.rakuten.co.jp/santnore/


ご存知の方もいらっしゃるだろう、ブランド販売超有名店。


ブランド販売においては圧倒的な人気を誇る。


様々な賞を受賞している。また、45年以上の歴史を持つ。


通販だけでなく、実際に3店舗展開していて、私も一度足を運んだことがある。


人が多くて歩きづらかった。(サントノーレさんにとっては嬉しい叫びだろう)


ブランド通販ならここで買えばミスは少ないと思えるようなショップだ。


私もこのショップの通販を利用した事があるが、包装、配送面では問題は見当たらなかった。


残念なことは、バーバリーの取り扱いが少ないという点。バーバリー以外のブランドを買うのであれば申し分ないが、バーバリーだけが目的であれば、他店の方が優れている場合もある。
バーバリー 通販ショップ紹介 CAPRICE


http://www.rakuten.ne.jp/gold/lecaprice/


全体的に小物よりブランドの衣服が多い。


バーバリーブラックレーベルとブルーレーベルを専門的に取り扱っている。


財布等を取り扱わず、ブラックレーベルとブルーレーベルに特化したショップは珍しいかもしれない。


この記事を書いた時点のことだが、木村拓哉が着用したデザインのスーツが発売されていて、人気を博していたようだ。


財布やバッグではなく、バーバリーの衣服の購入が目的の方であれば、利用する価値は十分あるだろう。


他の取り扱っているブランドでメインなものとして、コムサ・デ・モードなど。
バーバリー 通販ショップ紹介 セカンド


http://www.rakuten.co.jp/second/1430051/


ブルーレーベルに特化している。ブルーレーベルの取り扱い数は圧倒的だ。


メンズは取り扱っていない様子。


だが、それを補い余る程のレディースが販売されている。


気に入るバーバリーブルーレーベルが見つかることだろう。
バーバリー ショップ紹介 ee-shopping


http://www.rakuten.ne.jp/gold/ee-shopping/brand/burberry.html


結構な人気を誇る通販ショップ。いくつかの賞も受賞している。


バーバリーも結構数がある。


バーバリーの財布、マフラーなどはもちろん、衣服、手袋まで取り扱ってある。


全体的に35%OFF程度は値引き済みだが、ちらほらとタイムセールで65%OFFなどのセールを行っている。


気に入った商品がタイムサービスの対象になっていたら、是非利用したい。


色々なイベント(ブランドの抽選、激安タイムセール、送料無料キャンペーン等)が行われるので、暇な時にでも覗いて見るとおもしろいかもしれない。
バーバリー 通販ショップ紹介 ブランドショップ デルフィーノ


http://www.rakuten.co.jp/delfino/654161/


バーバリーは大きく分けて財布、マフラー、バッグの3ジャンルを取り扱っている。


ショップの特徴といえば、2万円以上であれば送料、代引き手数料が無料となる点だろうか。


販売しているのは勿論ブランド品なので、商品を1つ購入するだけで送料、代引き無料になることも少なくないだろう。


他のブランドとしては、ブルガリなどに重点を置いているように見える。
バーバリーの公式HPについてご紹介。


Burberry
バーバリー公式HP。日本語の表記は残念ながら対応していない。


非常にクラシカルでいい雰囲気だ。


バーバリー ブルーレーベル
バーバリーブルーレーベル公式HP。


一見英語のサイトに思えるかもしれないが、日本語のサイトだ。


バーバリー ブラックレーベル
バーバリーブラックレーベル公式HP。


こちらもブルーレーベルと同じく日本語のサイト。


ニュースなどを調べることができる。
サイト案内


当サイトはバーバリー関係の、個人が運営するサイトです。無いようには心がけていますが、公式ではありませんので実際とは異なる記述やズレが生じている可能性があります。


当サイト、当サイトのリンク先ページを利用していかなる損害が生じても、当方は一切責任を負えません。


当サイトはリンクフリーです。


リンク先はTOPページが好ましいですが、基本的にどのページでも構いません。有益と思った箇所を利用してください。


相互リンクは現在行っておりません。


サイトに関してのご意見、ご感想、お問い合わせは以下のメールアドレスからお願いします。

info.otoiawase○gmail.com
※○を@に変えて送信してください。(迷惑メール防止のため)

このページの内容はいつでも変更できるものとします。


サイト管理者 斉藤空
以下は06年6月頃の記録だ。


バーバリーの06年通期(05年4月-06年3月)決算によると、最終益は前年と比べて5%減に留まったようだ。


日本円にして役223億だ。


しかし、新興市場の拡大という面では4%増と好調だった。


どうやら販売経費が増加したのと、イギリス市場の低迷が利益低下の原因のようだ。


地域ごとに見ると、香港や中国での小売拡大を始め、アジア地域での利益は前年比6%増となった。


もっとも大きな市場であるアメリカでは新規出店等が成功し、売り上げは10%以上の伸びを記録した。


しかし、イギリスやスペインの低迷が利益面全体の足を引っ張り、このような結果になったようだ。


ただし、春物の滑り出しは順調で、ロンドン証券取引は値上昇を記録した。
以下はバーバリー06年9月中期決算の記録だ。


バーバリーの06年9月の中間決算(4-9月)は前年同期と比べて10%増を記録した。


これは、売り上げが日本円にして870億円にも及ぶ。


特に、小売り売上額は23%増と、目覚しい発展を遂げた。


卸売り売り高は1%増。


バーバリーは創業150年を迎え、モデルのケイト・モスを再起用するなどの積極的な宣伝活動が功を奏したのだろう。


さらに、7-9月にはマドリードなどで直営店を新設し、小売り売上が増加した。


これらのことを受けてか、バーバリーの株価は前日日5,3%増を記録、急騰した。
以下は06年12月頃の記録だ。


バーバリーはイギリスの工場を閉鎖し、中国へ工場を移転する方針を示した。


イギリス国内では様々な波紋が広がった。


工場閉鎖により、労働者300人が職を失う可能性があるという。


これを防ごうと、約100名の従業員が反対のデモを行った。


関心を寄せたのは従業員だけではない。


チャールズ皇太子も強い関心を寄せ「何とか止められないか」と関係閣僚に問い合わせたようだ。


ハリウッドスターのヨアン・グリフィズもイギリスで製造を続けるべきと抗議状をバーバリー幹部へ送っている。


これらに対するバーバリーの対応は、マドンナやベッカム夫妻の意見を聞いて考慮したいとのこと。


是非、イギリスでの製造を続けてもらいたいものだ。
トレンチコートといえばバーバリー。


そう言えるできるほどバーバリーのトレンチコートは有名だ。


今回は、トレンチコートの着こなしについて述べていこうと思う。


トレンチコートの着こなしのうまい人物は誰だろう。


私は、「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープの着こなしが凄いと思う。


60歳とは思えない容貌の彼女だが、ファッションセンスも素晴らしい。


彼女を参考に話を進めてみよう。


彼女がトレンチコートを羽織った姿はまさにできる女といったもの。


プラダを着た悪魔の一角のコーディネートは、ブラックのスーツにホワイトのシャツ、その上にホワイトのトレンチコートを大胆に羽織っていた。


小物は、赤い縁取りのサングラスに赤いベルト、そしてフレッドトレインのネックレス。


モノトーンの中にあるレッドが差し色となっていて、大胆で大人っぽい。


しかしスーツとコートのフォルムがしっかりとしているので、うまくバランスが取れている。


まさに見事と言えるコーディネートだ。


彼女のファッションはかなり参考になると思うので、映画等を見るとセンスが磨けるかもしれない。
寒さの厳しい冬の定番といえば、トレンチコート。


そのデザイン性以外にも防水性などの機能性も優れていて、その魅力は尽きない。


トレンチコートを探すのであれば、バーバリーもしくはアクアスキュータムを外す事はできない。


バーバリーとアクアスキュータムは共に昔からトレンチコートの製造を開始していたため、生地や型紙などが完璧。


この2社のトレンチコートで気に入ったデザインであれば、間違いは無い、と言った感じだろうか。


さらに、トレンチコートの素材にも注目したい。


コットンギャバンという素材は、防水性が高い。


雨に濡れて駄目になってしまったりしないのだ。


なお、この防水性のある素材を開発したのはバーバリー社。


バーバリー創設者のアイデアから始まり、改良が続けられ現在の素材は完成体のようなもの。


勿論、性能は優れている。


前回はトレンチコートのデザイン性や機能性について述べた。


トレンチコートの魅力について、もう少し述べておこうと思う。


まずは、その手軽さ。


ウールコートに比べて厚みが無いので、持ち歩いてもあまりかさばらない。


さらに、蒸れたりすることもない。


最近はナイロンなどの素材を加えてさらに機能的なものも出てきているようだ。


コートによってはライニングの取り外しができるので、長いシーズン着こなすことができる。


また、バーバリーやアクアキュータムのトレンチコートは耐久性も優れている。


10年毎シーズン着てもまだまだ現役で着る事ができる。


微妙なコートを買う位なら、案外バーバリーなど縫製の優れたトレンチコートを買った方が経済的かもしれない。
寒い冬にはマフラーが重要なファクターとなる。


コーディネート的にも、防寒的にも。


冬はコートにお世話になることも多いが、そうなるとおしゃれなファッションが全て隠れてしまいがち。


だからこそ、コーディネートに一味加えられるマフラーの存在が大事になってくる。


マフラーのデザインや結び方によってファッション全体の雰囲気ががらりと変わる。


良いコートを何着も持つのは経済的に大変かもしれないが、マフラーを使えば気軽にファッションの表情を変えられる。


そこで、最近のマフラーのテクニックについて少し述べようと思う。


優れたファッション性を誇るニューヨークでは、マフラーを思いっきり強調するコーデが流行っているようだ。


例えば、マフラーを首からだらりと垂らすコーデ。


ファッションに大きな動きを加えられ、その存在感は主役であるマフラーを超えるほどにも強くすることができる。


中には、膝の辺りまでマフラーが届くようなコーデに人もいる。


続きは次回にて。
シンプルになりがちな冬のファッションには小物が欠かせない。


よって、レディース向けの今年のマフラーのトレンドについて述べようと思う。


まずおすすめなのがローゲージのマフラー。


ローゲージのマフラーでも、特に2m位長いマフラーがおすすめ。


ジャケット等の上に巻いて、今年風なコーデを楽しみたい。


なお、色はカラフルな方がいいだろう。


プリントのマフラーでは、モノグラムやノスタルジックの柄がおすすめ。


今期なんといっても注目したいのが空気を含んだような、フワフワとしたマフラー。


モヘア素材などのエアリータイプのストールやファーのストールなど。


去年もファー使いのマフラーは色々と出ていたが、今年はさらに豊富に出てきそうだ。


ファーのポンポン使いのマフラーなどもいい。
コートは難しい、洋服が全部隠れてお洒落ができない、と嘆いている方も多いと思う。


でも、そんな感情は捨ててしまおう。


コートは、冬のコーデ中心になるので、これを楽しむのは大事な事だ。


ニューヨークは寒いので、ニューヨーカーはコートを使った色々なテクニックに溢れている。


そこで、ニューヨークのコートコーデを参考にしてみよう。


まず注目したいのがカラーコート。


ターコイズブルー、ピンク、オレンジなど明るい色のコートはエネルギッシュで人の目を引きやすい。


ブルー等の明るい色でも、シルエットがクラシックなものや、落ち着いた色のマフラー等を合わせることで違和感なく着こなすことができる。


また、青系統の色のコートを使う時に、真っ赤なバッグ等の小物を使うと全体を引き締めてくれる。


甘くなりがちなピンクのコートだが、素材のしっかりとしたものを選んだり、マニッシュなものを選べば甘くなりすぎないコーデにすることができる。


次回に続く。
冬のコーデの中心になるコート。

前回に引き続きコートコーデのうまいニューヨーカーのコーデを参考にしていただきたい。

前回に続き色鮮やかなカラーコートコーデについて。

ニューヨークにはオレンジ系のレザーコートに着込んでいる人も居る。

派手な色と使い込んだレザー、明るい色のジーンズで、非常に目立つコーデだ。

次に、柔らかいシルエットのロングコートを使ったコーデ。

布と革をミックスさせた素材のロングコートだった。

この異なる素材を使うことによって、平坦になりそうなコートが動きを演出している。

異なる素材のコートが見つからなければ、コートとバッグなどの小物で素材をずらせば、動きを出す事ができる。

ゴージャスなファー付きのコートにも注目したい。

ファー付き、特にスエードコートなどは実にセレブ感を高めてくれるのでおすすめ。

マンハッタンでは通勤に使う人も多いようだ。

このようなコートはインパクトが強いので他のブーツや手袋などのアイテムは抑え目なものにしたい。
コートコーデのうまいニューヨーカーのコーデを参考に、おすすめのコーデを紹介しようと思います。

今回は通勤スタイルについて。

通勤のスタイルはシックなコーデが基本ですね。

まずは黒を基調としたコートコーデ。

コート、手袋、パンツなど全てのアイテムを黒で統一したスタイルの人が見受けられました。

一見、味気ないように思えますが、さり気なく胸元を開けていたり、茶色のバッグを使ってアクセントを付けていました。

続いて、白と黒のモノトーンのコーデ。

白のトレンチコートに黒の手袋とブーツ、マフラーを使ってギャップの利いたコーデを作っていた。
タータンチェックで有名と言えば、70年代のロックバンド、ベイ・シティ・ローラーズや、チェッカーズなどだろうか。


彼らが活躍した時期には彼らのスタイルを真似した人が増えたものだった。


ファッションブランドでは、ヴィヴィアン・ウエストウッド、アレキサンダー・マックイーン、そしてバーバリーのプローサムなどが積極的に使用している。


タータンという名前の語源ははっきりしていない。


可能性としてはアイルランド語の「tarsna」などが挙げられている。


現存するタータンチェックのもっとも古いものは7世紀にまでさかのぼる。


初期のタータンはケルト人によってスコットランドにもたらされたと言われている。


そして時を経つにつれてサフロンイエローに染められ、そしてストライプが加えられていったようだ。


さらに素材もリネンからウールへ、そして柄も複雑なものへ変わっていった。
コートお世話になる機会が多くなってきたように感じる。


そこで素敵な着こなしをするをするのは勿論、コートの扱い方や脱ぎ方のイギリス本場のマナーを覚えておきたい。


まずはパーティー、レストランなどの場面にて。


初めに気を付けたいのが玄関に入る前にコートを脱いではいけないということ。(逆に目上の人の宅を訪問する際には先にコートを脱がないとマナー違反となる)


靴の脱ぎ場が無い欧米では、コートを預かるという行為が「どうぞお上がりください」という意味を表す。


なので、コートを先に脱ぐと言うことは許可される前に上がるようなもの。


欧米式ではコートを脱いでからチャイムを鳴らしたり、勧められる前にコートを脱いでしまうのもマナー違反だ。


欧米スタイルの家へ訪ねる際や、レストラン、パーティなどで参考にしていただきたい。


続きは次回の記事にて。
前回に引き続きコートについてのマナーについて述べている。


欧米式のレストランやパーティなどの場面で思い出していただきたい。


パーティやレストランなどで係りの人やホームパーティのホスト、ホステスの人にコートを預かってもらう場面もあると思う。


そんな時、自分からコートを脱いで彼らに渡していないだろうか。


欧米式の高級レストラン等の係りの人達であれば、コートをスマートに脱がしてくれるだろう。


そのような場面で自分からコートを脱ぐことはあまり良いマナーとは言えないので気をつけよう。
前回に引き続きコート関係のマナーについて述べている。


今回は目上の人を訪問する際のコートの扱いについて。


目上の人を訪問する際は通常とは逆にコートを先に脱いでおくことがマナーとなる。


コートを着たままや、手袋、マフラーをしたまま挨拶をするのは失礼になるので注意しよう。


よって、チャイムを鳴らす前に準備をしておきたい。


次に、ビジネスシーンでのコートの取り扱いについて。


取引先の会社を訪問する場合等も、目上の人を訪問する際と同じように先にコートを脱いで、マフラーなどの小物も外しておく。


勿論、時間を守ることや名刺の用意も大事なので怠らないようにしよう。


次回はコートを腕に掛けたり、たたんで置く際の知識について。
前回に引き続きコートの取り扱いのマナーについて提供している。


今回はコートを腕に掛ける際のスマートなたたみ方についてだ。


まず、コートの両肩の内側に両手を入れる。


そのまま両手を合わせて、コートを半分に折る。


片手を入れたまま、もう片方の手をひっくり返し、肩部分を裏にしたまま、表のままで右側の肩の部分に乗せる。


なお、コートをたたんで置く際には、丈に応じて三つ折や四つ折にする必要があるが、再びコートを着る際にはポケットの中身が落ちないようにジャバラ折りにしておくといい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。