上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コートは難しい、洋服が全部隠れてお洒落ができない、と嘆いている方も多いと思う。


でも、そんな感情は捨ててしまおう。


コートは、冬のコーデ中心になるので、これを楽しむのは大事な事だ。


ニューヨークは寒いので、ニューヨーカーはコートを使った色々なテクニックに溢れている。


そこで、ニューヨークのコートコーデを参考にしてみよう。


まず注目したいのがカラーコート。


ターコイズブルー、ピンク、オレンジなど明るい色のコートはエネルギッシュで人の目を引きやすい。


ブルー等の明るい色でも、シルエットがクラシックなものや、落ち着いた色のマフラー等を合わせることで違和感なく着こなすことができる。


また、青系統の色のコートを使う時に、真っ赤なバッグ等の小物を使うと全体を引き締めてくれる。


甘くなりがちなピンクのコートだが、素材のしっかりとしたものを選んだり、マニッシュなものを選べば甘くなりすぎないコーデにすることができる。


次回に続く。
スポンサーサイト
冬のコーデの中心になるコート。

前回に引き続きコートコーデのうまいニューヨーカーのコーデを参考にしていただきたい。

前回に続き色鮮やかなカラーコートコーデについて。

ニューヨークにはオレンジ系のレザーコートに着込んでいる人も居る。

派手な色と使い込んだレザー、明るい色のジーンズで、非常に目立つコーデだ。

次に、柔らかいシルエットのロングコートを使ったコーデ。

布と革をミックスさせた素材のロングコートだった。

この異なる素材を使うことによって、平坦になりそうなコートが動きを演出している。

異なる素材のコートが見つからなければ、コートとバッグなどの小物で素材をずらせば、動きを出す事ができる。

ゴージャスなファー付きのコートにも注目したい。

ファー付き、特にスエードコートなどは実にセレブ感を高めてくれるのでおすすめ。

マンハッタンでは通勤に使う人も多いようだ。

このようなコートはインパクトが強いので他のブーツや手袋などのアイテムは抑え目なものにしたい。
コートコーデのうまいニューヨーカーのコーデを参考に、おすすめのコーデを紹介しようと思います。

今回は通勤スタイルについて。

通勤のスタイルはシックなコーデが基本ですね。

まずは黒を基調としたコートコーデ。

コート、手袋、パンツなど全てのアイテムを黒で統一したスタイルの人が見受けられました。

一見、味気ないように思えますが、さり気なく胸元を開けていたり、茶色のバッグを使ってアクセントを付けていました。

続いて、白と黒のモノトーンのコーデ。

白のトレンチコートに黒の手袋とブーツ、マフラーを使ってギャップの利いたコーデを作っていた。
コートお世話になる機会が多くなってきたように感じる。


そこで素敵な着こなしをするをするのは勿論、コートの扱い方や脱ぎ方のイギリス本場のマナーを覚えておきたい。


まずはパーティー、レストランなどの場面にて。


初めに気を付けたいのが玄関に入る前にコートを脱いではいけないということ。(逆に目上の人の宅を訪問する際には先にコートを脱がないとマナー違反となる)


靴の脱ぎ場が無い欧米では、コートを預かるという行為が「どうぞお上がりください」という意味を表す。


なので、コートを先に脱ぐと言うことは許可される前に上がるようなもの。


欧米式ではコートを脱いでからチャイムを鳴らしたり、勧められる前にコートを脱いでしまうのもマナー違反だ。


欧米スタイルの家へ訪ねる際や、レストラン、パーティなどで参考にしていただきたい。


続きは次回の記事にて。
前回に引き続きコートについてのマナーについて述べている。


欧米式のレストランやパーティなどの場面で思い出していただきたい。


パーティやレストランなどで係りの人やホームパーティのホスト、ホステスの人にコートを預かってもらう場面もあると思う。


そんな時、自分からコートを脱いで彼らに渡していないだろうか。


欧米式の高級レストラン等の係りの人達であれば、コートをスマートに脱がしてくれるだろう。


そのような場面で自分からコートを脱ぐことはあまり良いマナーとは言えないので気をつけよう。
前回に引き続きコート関係のマナーについて述べている。


今回は目上の人を訪問する際のコートの扱いについて。


目上の人を訪問する際は通常とは逆にコートを先に脱いでおくことがマナーとなる。


コートを着たままや、手袋、マフラーをしたまま挨拶をするのは失礼になるので注意しよう。


よって、チャイムを鳴らす前に準備をしておきたい。


次に、ビジネスシーンでのコートの取り扱いについて。


取引先の会社を訪問する場合等も、目上の人を訪問する際と同じように先にコートを脱いで、マフラーなどの小物も外しておく。


勿論、時間を守ることや名刺の用意も大事なので怠らないようにしよう。


次回はコートを腕に掛けたり、たたんで置く際の知識について。
前回に引き続きコートの取り扱いのマナーについて提供している。


今回はコートを腕に掛ける際のスマートなたたみ方についてだ。


まず、コートの両肩の内側に両手を入れる。


そのまま両手を合わせて、コートを半分に折る。


片手を入れたまま、もう片方の手をひっくり返し、肩部分を裏にしたまま、表のままで右側の肩の部分に乗せる。


なお、コートをたたんで置く際には、丈に応じて三つ折や四つ折にする必要があるが、再びコートを着る際にはポケットの中身が落ちないようにジャバラ折りにしておくといい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。