上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレンチコートといえばバーバリー。


そう言えるできるほどバーバリーのトレンチコートは有名だ。


今回は、トレンチコートの着こなしについて述べていこうと思う。


トレンチコートの着こなしのうまい人物は誰だろう。


私は、「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープの着こなしが凄いと思う。


60歳とは思えない容貌の彼女だが、ファッションセンスも素晴らしい。


彼女を参考に話を進めてみよう。


彼女がトレンチコートを羽織った姿はまさにできる女といったもの。


プラダを着た悪魔の一角のコーディネートは、ブラックのスーツにホワイトのシャツ、その上にホワイトのトレンチコートを大胆に羽織っていた。


小物は、赤い縁取りのサングラスに赤いベルト、そしてフレッドトレインのネックレス。


モノトーンの中にあるレッドが差し色となっていて、大胆で大人っぽい。


しかしスーツとコートのフォルムがしっかりとしているので、うまくバランスが取れている。


まさに見事と言えるコーディネートだ。


彼女のファッションはかなり参考になると思うので、映画等を見るとセンスが磨けるかもしれない。
スポンサーサイト
寒さの厳しい冬の定番といえば、トレンチコート。


そのデザイン性以外にも防水性などの機能性も優れていて、その魅力は尽きない。


トレンチコートを探すのであれば、バーバリーもしくはアクアスキュータムを外す事はできない。


バーバリーとアクアスキュータムは共に昔からトレンチコートの製造を開始していたため、生地や型紙などが完璧。


この2社のトレンチコートで気に入ったデザインであれば、間違いは無い、と言った感じだろうか。


さらに、トレンチコートの素材にも注目したい。


コットンギャバンという素材は、防水性が高い。


雨に濡れて駄目になってしまったりしないのだ。


なお、この防水性のある素材を開発したのはバーバリー社。


バーバリー創設者のアイデアから始まり、改良が続けられ現在の素材は完成体のようなもの。


勿論、性能は優れている。


前回はトレンチコートのデザイン性や機能性について述べた。


トレンチコートの魅力について、もう少し述べておこうと思う。


まずは、その手軽さ。


ウールコートに比べて厚みが無いので、持ち歩いてもあまりかさばらない。


さらに、蒸れたりすることもない。


最近はナイロンなどの素材を加えてさらに機能的なものも出てきているようだ。


コートによってはライニングの取り外しができるので、長いシーズン着こなすことができる。


また、バーバリーやアクアキュータムのトレンチコートは耐久性も優れている。


10年毎シーズン着てもまだまだ現役で着る事ができる。


微妙なコートを買う位なら、案外バーバリーなど縫製の優れたトレンチコートを買った方が経済的かもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。